自分でトイレの水漏れの修理はできるのか

トイレの水漏れで専門業者を呼ぶのが無難な方法ですが、躊躇する人も多いでしょう。お金もそれなりにかかりますし、何せ自分のトイレを見知らぬ作業員に見られることに抵抗感があるという人は多いです。もしかすると自分で水漏れを修理できる可能性がありますので、その方法について簡単に見ていきます。

■まずは漏れている個所を確認すること

もしトイレで水漏れが発生しているようであれば、いったん元栓を閉めることです。そうすればトイレ内部のパイプに水が供給されないので、これ以上の水漏れが起こらずにすみます。そのうえで、どこかパイプなど濡れている箇所はないか確認することです。もしパイプのナットなどが緩んでいるのであれば、しっかり締めましょう。
この時にあまり力を入れすぎずに締めることが大事です。下手に大きな力で締めてしまうと、バルブが今度は壊れてしまう恐れがあるからです。また接続部のパッキンが劣化している場合には、ホームセンターで販売しているのでこちらで購入して取り換えるのも有効です。

■パイプやパッキン以外は厳しい

パイプやパッキンで何らかの不具合が発生している場合には、専門知識がなくても自分で何とか対処できるかもしれません。しかし自分でも駆使してもこの部分に別に異常が発生していなければ、それ以外の箇所の問題になります。例えば給排水管で何らかの問題が起きている場合、配管自体を交換する必要も生じます。
こうなってくると、素人のできるレベルではないです。また便器やタンクでひび割れが起きている場合、応急処置くらいは自分たちで何とかできるかもしれません。しかし完璧にきれいな状態に修理するためには、これもやはり専門業者のスタッフの力が必要不可欠でしょう。

■まとめ
トイレの水漏れの場合、専門的な知識やスキルが必要になる場面が多々あります。応急処置くらいは自分たちでできる場合もありますが、完璧にするためには難しい場合があります。自分たちで何とかしようとするのではなく、業者にお願いするのが無難でしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ