トイレの床下の水漏れ

トイレ掃除をする際に、床が濡れていることに気が付く、そこでぞうきんなどを使って拭き掃除をしたことはありませんか。普通であれば拭き掃除をすれば、床は元通りの乾いた状態になるでしょう。ところが何度拭き掃除をしても、しばらくするとまた床が濡れてしまっている、このような悩みを抱えていませんか。もしこのような症状に心当たりがあれば、水漏れの起きている可能性があります。

■トイレのフロアが濡れている原因は

もしトイレフロアが濡れているのであれば、いくつかの原因が想定できます。その原因に当てはまっていないかどうかチェックしてみましょう。まずは床が濡れているといっても、フロアが漏れの原因ではないケースがあります。皆さんのトイレを見てほしいのですが、いろいろなパイプがつながっているでしょう。実はこのパイプのどこかで水漏れが起きていて、それがパイプを使ってポタポタ床に落ちていることが考えられます。
その結果フロアが漏れているように感じられるわけです。接続部分が緩んでそこから水が流出していることもあるでしょうし、温度差によって結露が発生して、それがパイプを伝って床に落ちていることも考えられます。

■排水管で水漏れが起きている可能性も

パイプなどをくまなく調べてみても、濡れているような個所が全くない場合にはそれ以外のところで何らかのトラブルの発生している可能性があります。特にマンションなどの集合住宅がそうなのですが、床下に配管がいろいろと張り巡らされています。
この配管のどこかで水漏れが起きた結果、床下が常に湿った感じになるパターンもあります。この場合にはフロアをはがして配管の修理を行わなければならず、専門の業者を呼んで作業をお願いするほかないでしょう。



■まとめ
床下の水漏れの場合、特に配管で何らかの問題が起きている場合にはなかなか厄介なものです。とくにマンションの場合、階下の住人にも迷惑をかけかねないので、早めに業者を呼び対処すべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ