トイレの水漏れとウォシュレット

皆さんの家庭でウォシュレットを使っている人も多いでしょう。何回もトイレットペーパーでおしりを拭く必要もなくなり、おしりへの負担も軽減されますし、無駄にトイレットペーパーを使う必要がなく経済的です。しかしこのウォシュレットが原因で、トイレで水漏れを引き起こすケースもありますから、その点については注意したほうがいいでしょう。

■本体の不具合

通常ウォシュレットの内部にホースが取り付けられていて、そこから水が放出される仕組みになっています。ところが本体のどこかで問題が発生していると、ノズルまで水が通らなくなってしまうことがあります。その結果、本体の内部で水漏れが起きてしまうのです。
この場合には自分で何とかしようとしないことです。というのもウォシュレットは精密機械で、複雑な構造をしているから専門的な知識が必要になるからです。また濡れている手で下手に本体を触ってしまうと、ショートなどを起こして重大な事故に発展しかねない点もおすすめできない理由です。

■リモコンの電池の残量がない

ウォシュレットの水漏れの症状の中で、ノズルから水が出しっぱなしになって、いくらボタンを押しても止まってくれないというものがあります。この原因を探っていくと簡単な話で、ただ単にリモコンの電池が切れていたという事例もあります。
もしトイレの壁にコントローラーの設置しているモデルであれば、このようなことが起こりえます。もしトイレに直接取り付けられている場合、コンセントから電力をもらっているのでこのような症状が起こりません。もし電池切れであれば、新しいものと交換すると問題を解決する可能性が高いです。



■まとめ
ウォシュレットが普及したことで、トイレの水漏れ件数も増加しています。もし本体の故障の場合、自分で行うのは危険です。元栓を閉めて、ウォシュレットの電源を切ってから業者を呼んで作業依頼するのが賢明です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ