トイレの便器からの水漏れ

トイレの水漏れトラブルは水道業者によく作業依頼の案件として持ち込まれます。その原因を調べてみると、タンクで何らかの問題の起きていることが多いです。しかしそれがすべてのケースで当てはまるわけでもありません。中には今回紹介するように、便器が原因というパターンも少なからず見受けられます。

■どんな原因で水漏れが起こるの

便器の場合、まずは結露による問題が考えられます。結露の場合には構造的な問題で水が漏れているわけではありません。ですから何度か汗をかいている箇所をぞうきんなどできれいにふき取れば、別に対策を講じなくても症状は徐々に収まっていきます。しかしもう一つの原因の場合、このように経過観察しているだけではなかなか抜本的な解決にはつながりません。
それが便器本体のどこかにひび割れの起きている場合です。便器も経年劣化して、長く同じものを使い続けているとこのような亀裂の入ってしまうこともあります。この場合には、ホームセンターなどで防水テープやパテなどが販売されています。こちらを使って応急処置をしておきましょう。

■そのほかの問題では

どうやら結露が起きているわけではなさそう、でもくまなく便器をチェックしたけれどもどこにもひび割れが入っていなければ、パッキンの劣化かもしれません。便器と排水管をつなぐ個所に接続部品としてパッキンが使われています。
このパッキン、ゴム製ですからこれも長年同じものを継続使用しているとひび割れなどが起こりやすくなります。もしパッキンが劣化しているのであれば、これは絶対に専門業者を呼びましょう。パッキンを交換するわけですが、この時便器を外す作業が必須だからです。



■まとめ
結構便器が濡れているので水漏れかと思ったところ、ただの結露だったというパターンも多くあります。もしトイレが濡れているのであれば、原因か何か特定することを優先してから修理依頼をしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ