トイレの水漏れで多いのは

トイレの水漏れで多いのは トイレは毎日使用するものであり、常に水圧に耐えているため長年使い続けていると、どうしても水漏れなどのトラブルが起こりやすいものです。1日に何度も使用するトイレですから、もし何らかの不具合で利用できなくなると何かと不便です。自宅で用を足すこともできなくなるので、お隣さんから借りるか、もしくは公民館やスーパーなどの公共施設に行ってやるかのいずれかになるでしょう。いちいち行ったり来たりするのは面倒ですし、お隣さんの場合何度も利用するのははばかられるでしょう。もしトイレで水漏れが起きたのであれば、速やかな対処が求められます。

■タンクからの水漏れが多い

トイレのトラブルの中で多いといわれているのが、タンクの水漏れです。普段何気なく使っているかもしれませんが、毎日けっこうな水圧のかかっている箇所です。用を足した後で水洗するでしょうが、この時どれだけの水を使っているかご存知でしょうか。最新式の機種でも7から8リットル、少し前のモデルであれば17から18リットルもの水を使っています。
逆に言えば、これだけの水を使って流さないと、便は取り除けないわけです。ということは、これだけの水をタンクは常にストックとして抱えているわけです。もし流した時になかなか水が止まらない、チョロチョロ音がしている、レバーが戻らないという場合には水が漏れている可能性が高いので要注意です。

■タンクの内か外か
トイレの水漏れを見てみると、タンクの外側と内側に水の流れるパターンがみられます。まずは外側ですが、ある時床を見たら濡れている、粗相をしたのか、結露かと思って雑巾で拭いてしばらくするとまた濡れていたのであれば、タンクの水漏れの可能性があります。これはパイプや水道栓など、タンクとつながっているところが緩むなどしていて、そこから水が流出している可能性があります。そして結局重力に従って床にぽたぽた落ちているわけです。
もう一つはタンク内で何らかのトラブルが起きているパターンです。通常水を流した時に、水道管から新しい水が補充されます。そしてある程度の量が貯蔵できれば、レバーを引いてまた流せるようになります。ところがいつまでたってもレバーの引ける状態にならなければ、内部の水を止める機構の中で何らかの不具合の起きている可能性が考えられます。通常水をいったん流して、また流せるところまで水を貯めるまでには数分程度しかかかりません。これ以上かかっても、水が貯まっている感じのしない場合には水漏れを疑ってかかった方がいいでしょう。

■トラブルが起きていたらどうすればいいの

自分でどうにかできる対処できる不具合もあるにはあります。ただ単にボルトが緩んでいるだけなら、レンチなど専用の工具を使って自分で対処もできるでしょう。しかしそれ以上の難易度の場合、下手に素人がいじるとかえって逆効果に終わる可能性が高いです。
業者を呼ぶ場合でもやらないといけないことは、元栓を閉めることです。これを行うだけでも、水の流出は止められます。つまりそれ以上の水漏れの症状悪化を食い止められます。特にマンションなどの集合住宅の場合、床がびしょぬれになると階下の部屋の天井を濡らすことにつながりかねません。弁償などのトラブルに発展する可能性もありますから、迷惑をかけないためにも早めに元栓を閉めましょう。

■まとめ
もしもトイレの床が濡れている、いつまでも水洗が止まらないというのであれば水漏れがどこかで起きていることを疑うべきです。そして、たいていのケースでタンクのどこかで問題の発生するパターンが多いです。そこでタンクの中で何か不具合の発生している個所はないか、まずは細かくチェックすることが大事です。もしトイレタンクで水漏れが起きているようであれば、水道業者など専門家に修理をお願いするのが無難です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース